単利?複利?

銀行預金の利息には単利型と半年複利型があります。
銀行預金の利息は半年複利型と単利型ではどちらが得なのでしょう。
まず、銀行預金の利息の半年複利型と単利型とはなんなのでしょう。
単利型は法人・個人ともに利用することができ、複利型は個人でのみの利用となります。

預け入れる金額はどちらも同じですが期間が違います。
個人で利用するならば半年複利型がいいそうです。
単利とは元金のみが利息を生み出すというもので複利は現金はもとより、利息もまた利息を生み出すというものです。

金利がちがうとその差は格段に出ます。銀行預金の利息には保護が付きます。
銀行が破綻した場合1000万円とその利息が保護されます。
破綻後すぐに解約というわけではないので、色々な準備を得て、銀行預金の利息を保護される預金とそうでない預金と把握し、払い出し準備が出来てからの解約です。

調べれば調べるほど銀行預金の利息についていろいろと考え深いものあります。
銀行預金の利息を得るためには、きちんと調べて選ぶ必要がありますね。

関連エントリー

 
Copyright (C) 銀行預金の利息ガイド【 定期預金・普通預金の金利で損しない! 】 . All rights reserved