金利が高ければベスト?

金利の高いところにしたほうがいい?

銀行預金の利息とは、預金の方法で違いがあったりする。
銀行預金の利息に頼った生活をすることはできない。

銀行預金の利息は普通預金の人からすれば雀の涙ほどしか入らないからだ。
携帯電話に光熱費など引き落としにしていれば、銀行預金の利息などほとんどなくなってしまう。

通帳など記入した後に利息という項目をみても、おまけ程度にしか目に入らない人もいるのではないだろうか。
普通預金と貯蓄預金、決算で利息が付いた場合に、どちらが多く利息がつくでしょうか。

貯蓄預金は一定以上の残高があれば普通預金よりも高い利息を受け取れます。
金利というのは普通の銀行であれば日々の残高で計算されます。
日々の残高というのは毎日24時に確認できる残高のことを言います。

銀行預金の利息のポイントは金利と普通預金の利息の計算にあるのです。
金利には変動があり、銀行預金の利息は変動によって多くなったり少なくなったりなります。
一時的な判断で預け先を決めるのはあまりお勧めできない方法です。

銀行預金の利息の計算と金利について理解している人には、通帳の利息の欄はとても楽しみなものかもしれません。
銀行預金の利息は1日や1年の単位でみれば、とても低く期待のできない額ですが、10年、20年、人生は長く銀行との付き合いも長くなるのですから先を考えてみるだけで、がらりと変わってくるものです。

関連エントリー

 
Copyright (C) 銀行預金の利息ガイド【 定期預金・普通預金の金利で損しない! 】 . All rights reserved