銀行利息のメリット

銀行預金の利息なんて、とても低くて預金するメリットってあるのだろうか。
現金を持ち歩かないとかどこででも引き出せるとか、そういうことだろうか。

けれど、銀行預金の利息のメリットではないですね。
銀行に預けたときのメリットになるのではないでしょうか。
では銀行預金の利息のメリットって何なのでしょう。

利息は低くても、自動車税とか税金を払うときの足しにはなります。
時間外に引き出すときの手数料の足しになるとか、でしょうか。
銀行に預けるメリットは見つかるのですが、銀行預金の利息についてはあまりないですね。

利息が低いからと悲観にならず、どう運用していくかが大切なのでしょう。
家に現金で全財産置いておくのは不安ですから、金庫扱いですかね。
預かりますから少し貸してくださいというのでギブアンドテイクかもしれません。

銀用預金の利息を少しでもおおく支払ってもらうためにはどこを選んだらいいのか、悩んでください。一番金利が高いからと飛びつくのは非常に危険だと私は思います。
きちんと計算をして、後にどう変動が起きるか先読みするのも大切なことです。

銀行預金の利息の少なさは一体どうしたらここまで低いのか。理由があって低くしているのか?
お金は増殖しないので、借りたお金が返せないなんてことになればどこかで稼いできて、利息を支払わなければいけません。自分たちだけが景気が悪いとか銀行預金の利息を多くすれば、多少は楽になれるのに何故払わないのかとか言っていられません。

銀行だってがんばっているんだということを頭のどこかにおいておきましょう。
銀行預金の利息が少なくとも、いつかは多くなると夢を見ることを忘れてはいけませんね。

関連エントリー

 
Copyright (C) 銀行預金の利息ガイド【 定期預金・普通預金の金利で損しない! 】 . All rights reserved